ブラックベリーF1とUSF1でバトンとバリチェロのひきこもごも

スポンサードリンク

仮にニック・フライ体制の下、ホンダF1が撤退すること無く継続していたなら、F1オライバーとして、最多出場記録を打ち立てたバリチェロそれでシートを失うことになっていたはずです。

しかし経験豊か、、、それ以上に、フェラーリの黄金期を皇帝シューマッハと共に戦ってきたバリチェロさん、どうやら逆風が順風に変わったかもしれません。

それは、USF1という新興チームが立ち上がるという偶然のタイミングもバリチェロにとっては、ラッキーな出来事だったようです。

冬季の間、今後の去就が不安視されているルーベンス・バリチェロの名前が、1チームだけではなく2チームの間で取り上げられている。

バリチェロさんは、今仮称ブラックベリーF1チームとUSF1チームの2チームからラブコール状態ということで、これまでのピンチが嘘のように、これからF1の歴史を変える(はずの)2チームから声が掛かるのは、正に世界不況が、F1の経費削減につながり、それが新興チームの参戦のチャンスとなり、彼のF1ドライバー生命を延命したとも言えるかもしれませんね。

一方、今年のホンダのエースとなる筈だった、バトンさん、一転してお給料を半減だそうです。

ジェンソン・バトンはホンダレーシングF1チームが、日本の自動車メーカーであるホンダのF1撤退を乗り切った際、2009年の報酬を半額に削減することに合意した。

更に、スタッフの皆様も、ロスブラウン氏のバイアウトでは、これまでの資金潤沢状態とは、間逆に世界に陥ることに反感を表していらっしゃる方も多いそうで、買収が成功→おめでとう!では無いようですね。
こちらもUSF1チームの立ち上げもスタッフの転職を匂わせる交渉材料になっているのかもしれません。

イギリスのマンチェスター生まれのロスブラウンが率いることになる、イギリスのブラックベリーを地名につけるF1チーム、それが、イングランド代表F1チームだとすれば、アメリカ代表のUSF1チーム、この2つのチームが、ブラジル人ドライバーのバリチェロをめぐって、今後どのような駆け引きとなるのかも、今年から来年のF1を見る上での、ストーリーとして頭の中に入れておいた方が良いかもしれませんね。

出来るなら、日本代表チームである、スーパーアグリも三つ巴になっていれば、本当に良かったのですが、過去のことは振り返らないのがF1の世界のようで、佐藤琢磨さんのお名前も、ここのところ聞けなくなったのが残念ですね。

スポンサードリンク