レッドブルF1、細身のノーズでRB5を発表

スポンサードリンク

YouTubeで先行発表されていた、レッドブルの2009年新車、RB5が正式にお披露目されました。

YouTubeの予告動画でもそれなりに洗練されたデザインが分かりましたが、実際の写真を見ると、特に超細いノーズのデザインが複雑な局面を用いており、流石、自称世界一美しい2009年レギュレーション適合マシン。。。。ということは理解できます。

また、ノーズ上中央部の微妙な左右の盛り上がり、これは、今年のレギュレーションで空力付加物を無くす規則上で、ギリギリの線を狙ったものだと思いますが、今後各チームもこれくらいの、盛り上がりだったら大丈夫・・・・なセンをついてくることになるのでしょうか?

一方、佐藤琢磨さんが残念ながらドライバーシート獲得を逃したトロロッソ、RB5と、兄弟マシンであるSTR4は3月に、つまり開幕直前の発表になるようです。

こちらはフェラーリエンジンが搭載されているようですが、今年から導入されるKERSの仕組みが、ルノーエンジンとフェラーリエンジンで大きく違うようですが、どのようにデザインが変更されることになるのでしょうか?興味あるところですね。

関連記事:

レッドブルは、2009年マシン「RB5」を9日(月)、スペインのヘレスサーキットで発表した。

Red Bull Racing have become the latest team to unveil their 2009 car, with drivers Sebastian Vettel and Mark Webber pulling the covers off the RB5 at Jerez in Spain on Monday morning.

レッドブル・レーシングは、2009用マシンのRB5をヘレスサーキットのピットボックス前でメディアに披露した。チームはこれからセバスチャン・ヴェッテルとともに新車の初テストを行う。

先週金曜に来季のトロ・ロッソドライバーとして発表されたばかりのセバスチャン・ブルデーが、フランス『L’Equipe(レキップ)』紙に明かしたところによれば、フェラーリエンジンを積んだトロ・ロッソの2009年型マシンSTR4のテストは「3月上旬」に始まるようだ

セバスチャン・ボーデは、トロ・ロッソの新車STR4でのテストは3月上旬になるだろうと語る。

スポンサードリンク