【ハニカムEXR】富士フイルム「FinePix F200EXR」【人間の目】

スポンサードリンク

フジフイルムは人間の目から着想した、新イメージセンサー”スーパーCCDハニカムEXR”を搭載した、コンパクトデジタルカメラ、FinePix F200EXRを発表しました。

楽天ではすでに予約開始状態です。

F200EXRの特徴は、以下の3つのモードをカメラが自動的に判断して、切り替え最適な画像を作ってくれるということにあります。

  • 高解像度優先:1200万画素をフルに活かし、被写体の質感や模様なども、くっきりリアルに写し出せます。
  • ダイナミックレンジ優先:被写体や背景の白とび・黒つぶれを防ぎ、なめらかで自然なグラデーションが得られます。
  • 高感度・低ノイズ優先:暗いシーンでもノイズが少なく、被写体も明るくクリアに撮影できます。

特に、高解像度優先という考え方はこれまでに無いもので、これぞハニカムCCDの特性を生かした画像処理ということですね。

インプレス様はもう実写速報記事をアップされています。

でこちらが本家のサンプル画像

これらのサンプルを見る限り、コンパクトデジタルカメラの画像にありがちな、ザラ付き感が少なく、一方でノイズを消しのせいでのっぺりな画像でも無く、非常に好感が持てる画像だと思います。
また、レンズ性能もこれまでフジのコンパクトデジタルカメラの弱点であったフリンジや、望遠での色収差など無くこちらも、欠点が無い画像ですね。

富士フイルムの発表会でも、この”スーパーCCDハニカムEXR”にかなりの自信と、意気込みを示している内容だったようで、ここしばらく元気の無かったフジフイルムのコンパクトデジタルカメラも、このF200EXRで息を吹き返していただけることを望みます。

ちなみに、私は未だにFinePix F11を現役で使っています。
630万画素と、非常に扱いやすい適度な画素数、最新型に負けない高感度性能、500枚という圧倒的なバッテリー性能、640×480で30fpsの動画、そして何よりも未だに通用する軽快なレスポンスと、買い換える理由が見当たらないのです。
もし、F200EXRが、フジが言うようにサンプル画像どおりの最高の画質がどんなシチュエーションでも撮影できるとすれば、家族用としてF11に変わる第一候補になるかもしれません。

関連記事:

富士フイルムは、新開発の撮像素子「スーパーCCDハニカムEXR」を搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix F200EXR」を21日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万3,000円前後の見込み。本体カラーはブラックとシルバーをラインナップする

インプレス様がもう本日発表のあった富士フイルムFinepix F200EXRの実写速報記事をアップされています。

発表会の開始にあたって、取締役常務執行役員電子映像事業部長の樋口武氏が挨拶した。その中で新製品のFinePix F200EXRについては、「シーンを認識するだけでなく、暗いところや明るいところを見分けるというメカニズムを持ち、人間の眼に近づいたという点が最も大きな特徴」と紹介した

富士フイルムは2月4日、目で見たままの映像を再現することに注力したデジタルカメラ「FinePix F200EXR」と乾電池駆動の入門向けデジタルカメラ「A100」、デジタルフォトフレーム「DP-70SH」を発表した。

富士フイルム(株)は、新開発の「スーパーCCDハニカム EXR」を搭載した「FinePix F200EXR」などデジタルコンパクトカメラ2機種と、デジタルフォトフレーム「DP-70SH」の新製品3モデルを発売する。

生産の内製化をさらに強化して内製技術を高めるとともに、設計リソースの増強にも取り組んでいく。特に、現在の世界的不況の中では、ハイエンドモデルだけでなく、低価格モデルの拡充にも力を入れていく」とした。

新開発の撮像素子は、カラーフィルター上に配置される画素を、斜め方向に同色の画素を2つ隣り合わせに配置し、その2画素を1単位として信号処理することでノイズの少ない高感度撮影を可能としている。また、画素混合を行う際にも同色の画素をそのまま組み合わせるために、偽色の発生が抑制され、クリアな画像を作り出す。この低ノイズ/高感度撮影技術を同社では「Pixel Fusion Technology」と呼称している。

Fujifilm has unveiled the FinePix F200EXR digital compact, incorporating its new 1/1.6″ Super CCD EXR sensor. The camera is the first to use the company’s EXR technology that can use the sensor in three different ways to optimize resolution, dynamic range or low-light performance. The F200EXR has a 3.0″ LCD, 5x optical zoom, dual image stabilization and HD (stills) output. An EXR Auto mode lets the camera select which of the three sensor modes is used or the user can make that decision themselves.

スポンサードリンク