BMW MINI Eが米国リース開始に!

スポンサードリンク

BMWという高級ブランドが、アメリカ限定で発売する、MINIの電気自動車”MINI E“が、大人気なんだそうです

そもそも、環境問題に真剣に取り組む、アーノルドシュワルツネッガーが知事で手腕を振る、そして、ハリウッドを抱え、米国一気候が良い場所で、セレブもたくさんいらっしゃるカリフォルニア州で、トヨタはハイブリッドカーのプリウスで、そんなハイソな顧客を獲得した経緯もあります。

そして、今回はBMWという世界の高級車を代表するブランド、そして、プリウスより環境問題に良い、、、というか、基本的に無公害の電機自動車を、、、更に、ガソリンカーでも人気、そして、小型な高級車として、それ自体がブランドを確立しているMINIがベースなのですから、人気が出ない筈がありません。

リース契約で1ケ月850ドル。これは一見高いようですが、運良く契約される方には、BMW自らガレージに充電設備を設置するサービス、そして、何といっても、ガソリン代が、電気代として、かなりの節約になるということで、そのリース料にしても、そもそもコノ車を乗る層の方にとっては何ら問題の無い価格なのでは無いでしょうか?

一方、1日の航続距離が240km、は米国の方にとっては、少々不安になる距離かもしれませんね。
また、毎日充電しなくてはならない一手間もこれまでのガソリンな自動車とは異なるところですね。

それより、もともとミニは車のデザイン上、地面に非常に近い低いシート位置で、ゴーカート感覚というアピールもされていましたが、電気自動車になって、よりカートらしく、更には電動カートっぽくなっちゃってるんですかね(^^;;;

もちろん、ただでさえ人気なMiniですから、世界中で発売されることになれば、プリウス以上の人気なクルマになるのかもしれません。
日本でも大人気間違いなし?

ねた元はこちら:

『MINI』の電気自動車バージョンである『MINI E』の、予定されている450台のリース販売が遅れている。あまりに多くの人が欲しがっているためだ。

スポンサードリンク