【4倍速】「Safari 4」かなりイイ?【Chromeの次】

スポンサードリンク

昨日、AppleがSafari 4のベータ版を発表しましたが、AppleらしいUIばかりでは無く、NitoroによるJavaScriptエンジンもかなり高い評価となっているようです。

サファリはバージョン4となって、4倍早くなっているそうです。

Googleの「Chrome」最新版は、筆者のJavaScriptに関する速度テストにおいてトップの成績を収めてきたが、Appleが新たにリリースした「Safari 4」ベータ版は、Googleが独自に出しているベンチマークテストでも、Chromeに迫り得る初のブラウザとなっている。

これまで、ブラウザの中では圧倒的なパフォーマンスを示していたChromeですが、Safariはベータ版の状態で、それに続くパフォーマンスを、つまり、他のブラウザをいきなり引き離す性能を示しているようです。

そして、カバーフローなど、AppleならではのUIの搭載。。。。
ChromeはAndroidでOSと一体になり、クラウドのベースとなるデスクトップを提供しようとしていますが、SafariもこれでiPoneばかりでは無く、たとえば超軽量のOSを搭載したネットブック(があるとすれば)で、クラウドを前提とした、これまでのファインダーに相当する存在になるかもしれませんね。

早速私もこれから試してみます。

関連記事 :

米Appleは2月24日、Webブラウザの最新版「Safari 4」のパブリックβ版の提供を開始した。Mac OS X TigerおよびLeopard、Windows XP SP2およびVistaに対応。サイトから無料でダウンロードできる。ただし、英語版のみ。

アップルがウェブブラウザの最新版「Safari 4」のパブリックベータ版を公開した。iTunesに用いられているインターフェース「Cover Flow」、Google Chromeのようなタブ操作が可能な「Tabs on Top」などの機能が搭載された。さっそくこれらの新機能をチェックしてみる。

アップルは2月24日、Webブラウザの新版となる「Safari 4」のパブリックベータ版の提供を開始した。Safariのページからダウンロード入手できる。Mac OS X “Leopard”、同”Tiger”、Windows Vista/ XPなどのOSをサポートするが、現時点では英語版のみの提供となっている。

Safari 4は新しいNitroエンジンの搭載により、JavaScriptの実行速度がSafari 3の4.2倍、IE7の最大30倍、Firefox 3の3倍以上速くなっているという。またHTMLウェブページの読み込みも、IE7の3倍以上、Firefox3のほぼ3倍の速さだという

Safari 4は新しいNitroエンジンの搭載により、JavaScriptの実行速度がSafari 3の4.2倍、IE7の最大30倍、Firefox 3の3倍以上速くなっているという。またHTMLウェブページの読み込みも、IE7の3倍以上、Firefox3のほぼ3倍の速さだという

スポンサードリンク