注目されるトヨタのリア・ディフューザデザイン

スポンサードリンク

今期のF1レギュレーションで一番の注目はKERSそして、失われたダウンフォースをいかにして取り戻すことが出来るのかという空力デザインでは無いでしょうか?

ボディ中央部に付加物を取り付けることが出来ない制約の中、トヨタとウィリアムズの複雑なリア・ディフューザーが注目を浴びています。

Toyota’s diffuser makes a very interesting interpretation of the revised 2009 rules (and one that has already prompted speculation regarding its legality).

こちらがトヨタのリア

FIAの解説によれば、150mmゾーンルールに基づき、リアのクラッシャブルセクションを利用した、クレーバなデザインということです。

一方こちらがマクラーレンのリア

ディフェーザ上部が一直線で、ある意味単純なデザイン
トヨタの複雑な形状と比較すると、単純なデザインということで、フェラーリ、ルノー、BMWも、これに似たレベルの複雑さだそうです。

そこで、トヨタはどのようにして、あの複雑な形状を、軽量で作ることが出来ているのかが他チームから注目されているようです。

日本の匠の技が製作を可能にしているのでしょうか?(^^;;;

スポンサードリンク

アマゾン