2009年F1暫定エントリーリストが発表されました

スポンサードリンク

ホンダ撤退に揺れる2009年F1シーズンのエントリリストが暫定ですが公開されました。

Formula One racing’s governing body, the FIA, has published the official entry list for the 2009 world championship. After winning his first world title last season, McLaren’s Lewis Hamilton will take charge of the number-one car, with team mate Heikki Kovalainen running number two.

1月12日(月)、FIA(国際自動車連盟)は2009年シーズンのF1エントリーについて、次のように発表した。
トロ・ロッソの一人は未定、売却先を模索中のホンダ・チームについても暫定掲載されている

FIAは、2009年のF1ワールドチャンピオンシップのエントリーリストを発表した。最年少でワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンがカーナンバー1をつけ、チームメイトのヘイッキ・コヴァライネンが2、コンストラクターズチャンピオンのフェラーリが3、4という順番となっている。

(元)ホンダも一応エントリリストに入っているは、一応心強いですね!
もう1つの注目は、トロロッソのシートが1つTBAになっていることです。

佐藤琢磨さんはここに入ることが出来るのでしょうか?

残すシートは、ホンダチームが売却され継続されると仮定すれば、3つです。

以下F1オフィシャルページから抜粋

McLaren Mercedes / 1 Lewis Hamilton (GB) 2 Heikki Kovalainen (FIN)

Ferrari / 3 Kimi Raikkonen (FIN)  4 Felipe Massa (BR)

BMW Sauber / 5 Robert Kubica (PL)  6 Nick Heidfeld (D)

Renault / 7 Fernando Alonso (E)  8 Nelson Piquet (BR)

Toyota / 9 Jarno Trulli (I)  10 Timo Glock (D)

STR Ferrari / 11 Sebastien Buemi (CH)  12 TBA

Red Bull Renault / 14 Mark Webber (AUS)   15 Sebastian Vettel (D)

Williams Toyota  / 16 Nico Rosberg (D)   17 Kazuki Nakajima (J)

Honda *   /18 TBA   19 TBA

Force India Mercedes  / 20 Adrian Sutil (D)   21 Giancarlo Fisichella (I)

スポンサードリンク

アマゾン