ホンダのF1撤退+スバルのWRC撤退=復活リベンジ

スポンサードリンク

ホンダF1とスバルのWRCの両方に深く関わっていたのが、プロドライブ社のデビッド・リチャーズ氏です。

これが運命でなければ何であろうか。スバルのWRC(世界ラリー選手権)撤退表明で、デビッド・リチャーズの目の前にF1再挑戦の道が開かれるかもしれない。

デビッド・リチャーズは、ホンダF1チーム買収に関して、スバルのWRC撤退が「物事の準備と考える時間を私に与えてくれる」と語った

ある意味、ホンダF1から追い出されて、ニック・フライにその座を譲ったデビッド・リチャーズ氏。
でそれが昨年マクラーレンのカスタマシャシでF1に参戦する筈だったのに、計画が頓挫し延期を余儀なくされている状態。。。
そんな状態で、リチャーズ氏のプロドライブからWRCに参戦するスバルがWRCを撤退したことは、レースが本業の会社にとって、その業務時代が休止されてしまう状態になります、そこで、すぐにでも参戦出来る状態で、HONDA F1が目の前にぶら下がっているのですから、食指を立てないことがおかしいですよね。

リチャーズ氏がホンダF1チームの実権を取り戻す日、、、ちょっとドラマチックかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾン