YASHICAブランドから実売2万円台ハイビジョンカメラ

スポンサードリンク

かつて日本のカメラの中でも名門のブランドであり、一眼レフからコンパクトカメラまで先進的なカメラで技術革新に寄与した、ヤシカブランドですが、京セラ買収後CONTAXと共にデジタル化への体力が無く、国内では徹底となっていたのですが、つい最近エグゼモードがそのYASHICAブランドを復活させました。

そして、既に発売されていたデジタルカメラに追加し、ハイビジョンカメラもYASHICAブランドとして2万円台の低価格機を投入したようです。

エグゼモードは、YASHICAブランドのデジタルハイビジョンカメラ「EZ DVC588」を12月5日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は2万4800円前後

今回発売されるHDムービーカメラ「EZ DVC588」の価格は2万4千円とのことですが、ちなみに、現在発売されているHDムービーカメラの中から低価格機を探して見ると、SANYOのXacti「DMX-HD800」が該当しました。Amazonでは実売、3万円中判のようですから、YASHICAの「EZ DVC588」はそれより1万円以上低価格ということで、価格だけなら競争力はありそうですね。。。

実際「EZ DVC588」の画質が本当に”ハイビジョン”で、この価格なら、例えば激しいスポーツやモータスポーツなどでリスクのあるところで使うには良い選択なのでは無いでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン