【ポジティブ】佐藤琢磨インタビューとボーデのインタビュー【恨み節 】

スポンサードリンク

トロ・ロッソのテストを最高の形で終了した、佐藤琢磨さん、、、
このチームでと戦いたい!とインタビューで語っています。

佐藤琢磨が、バルセロナでのトロ・ロッソとの1日半のテストを終え、インタビューに答えた。

こちらのインタビューでは琢磨さんはスーパーアグリの撤退の話も交えて、トロロッソのテストに参加した意味を語っています。

当初、9月にトロ・ロッソでテストをする計画はなかったけど、チャンスはやってきた。F1に戻ることを望んでいる者として、常に準備ができていることが優先事項だった。僕の印象としては、相性は良かったと思う。そして、それが今回のテストに至らせたと思う

そして、佐藤琢磨さんとシートを争うことになった、ボーデさんは、今回のテストを終えたタイミングで、かなり悲しげな感想を語っています。

「ただ代表がチームのドライバーを決めるというのであれば、今頃僕はすっかり安心していたと思うよ。
でも、現実はそんなものではなかったということ。

セバスチャン・ボーデによると、トロロッソは来シーズンのドライバーラインナップを未だに決めておらず、多額の資金を持ち込めるドライバーの選定に当たっているという。ボーデは2008年シーズンのレースドライバーだったが、来シーズンは巨大スポンサーを持ち込むことができないため、レースシートを喪失する可能性があることを懸念している。

トロ・ロッソは、今週のバルセロナテストで、セバスチャン・ボーデ、佐藤琢磨、セバスチャン・ブエミの3名をテストした。チームは、このうちの2名と契約をすることが予想されるが、ボーデは、最も才能のあるドライバーというだけでなく、スポンサーをトロ・ロッソに持ち込めるドライバーが考慮されるだろうと語る。

どうやら、ボーデさんはスポンサーを獲得できず、自分の立場をピンチと思っているようです。
更に、たぶん、2008年のトロロッソのレギュラードライバーでありテストも含めて役1年間トロ・ロッソSTR3を嫌と言うほどドライブしていたにも関わらず、ほんの数時間しかSTR3をドライブしたことの無い、佐藤琢磨さんのタイムに及ばなかったのは相当のショックだったかもしれません。

我々日本人にとっては、佐藤琢磨さんが最高の結果を出したことに喜んでいる訳ですが、それに直面してピンチになっている方もいらっしゃるのです。
F1はやはり厳しい世界ですね。。。。

スポンサードリンク

アマゾン