最新デジタル一眼レフカメラ高感度比較テスト

スポンサードリンク

デジタル一眼レフカメラで一番気になるのは、画質、そして、その中でも高感度がいかに強いか、、、が注目されるところです。

 高感度でどれだけノイズが少なく、キレイな写真が撮れるかは、デジタル一眼レフを選ぶ際の重要なポイントだ。前回の細部描写力比較テストに引き続き、APS-Cサイズとフォーサーズのデジタル一眼レフカメラ6機種での高感度画質をテストした。

インプレス様では、最新のデジタル一眼レフカメラの6機種を高感度画質のチェックを行われています。

流石に高感度のノイズ処理においては定評のあるキヤノン 50DのDIGIC4が総合力で有利のようですが、ニコンのD90も高感度画質においては、キヤノンに勝るとも劣らない完成度を見せているようです。
高感度については50もD90もどちらを選んでも間違い無しってところでしょうか?

一方、オリンパスのE-520やK20Dは特に欠点の無い素直な画質ということでしょう。

ソニーのα350やシグマSD14は、高感度で勝負するデジタルカメラでは無く、他のカメラには無い個性で勝負するということですね、、、、

高感度の性能、単純にはノイズが多いか少ないかということだけ見てると写真を評価しているのではなく画像処理を評価しているようなものですし、RAW現像や、ノイズ低減ソフトでノイズを処理しても、そのままハードディスクに保存してるんじゃ全然意味ありませから、ノイズについてはほどほどにって感じが良いのでは無いでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン