ポラロイド、インク不要のモバイルプリンター「PoGo」

スポンサードリンク

タカラトミーからインク不要のインスタントプリンタが発売されポラロイドの代わりになるかっ?って感じのエントリさせていただいたのですが、こちら→プリンタ内蔵のデジカメ現るタカラトミーの「xiao(シャオ) TIP-521」だ – :: 246 log ::

ポラロイドこそこのZINKインクを使ったプリンタを発売するメーカーでしたm(_._)m

ポラロイドは、インク不要のモバイルプリンター「PoGo」を20日に発売する。本体、専用紙とも価格はオープンプライス。店頭予想価格は本体が1万7,000円前後の見込み。専用紙は、10枚入りが400円前後、30枚入りが1,100円前後、50枚入りが1,700円前後の見込み。

ちなみに、ポラロイドのPoGoと、タカラトミーのxiaoは同じサイズのZINKフォトペーパーを使っているそうですから、規格化されているのかもしれませんね。

ポラロイドPoGoに続いてこちらもZINKプリンタ搭載の新製品。タカラトミーはZINKプリンタを内蔵したデジタルカメラxiaoを発表しています。PoGoとおなじく2 x 3インチ(5 x 7.5cm)のZINKフォトペーパーに印刷するプリンタとデジタルカメラが一体化しており、

ちなみに、ポラロイドのPoGoはバッテリー内蔵しているモバイルプリンタですが、、、
重さ227g  プリント時間1枚60秒  一回の充電で15枚連続プリント可能、、、
なのに対して、、、

タカラトミーのxiaoは、基本的にデジタルカメラですから、勿論モバイルプリント可能で
重さ294g プリント時間1枚45秒 1回の充電で20枚プリント(52枚デジカメ撮影)

といういことで、若干xiaoの方が優れていますがPoGoはxaioの約半分の価格で買えるところが良いとこですね。。。。

モバイルプリントは結婚式の2次会など、これまでポラロイドカメラの独断場?(^^;;;とこで大活躍するかもしれませんね、、、、

ところで、今思いついたのですが、コンパクトデジタルカメラも液晶画面が巨大化していますので、手書き文字機能が付いて、ポラロイドカメラの余白部分のような白い部分にその文字を入れた画像に仕上げる機能なんて良いかもしれませんね。。。。
メーカーの方、特許取るときはご一報を(^^;;;;

スポンサードリンク

アマゾン