【国内メーカーも】PCいらずの35mm銀塩フィルムスキャナ【真似してね】

スポンサードリンク

かつては写真をデジタル化するのに必須だったのがフィルムスキャナで、各社高画質の製品を発売していた時期がありましたが、最近はめっきりそんな製品は見当たりません。
でも、皆さんのご家庭にある、銀塩フィルムをデジタル化しようと思ったら、おおきなフラットヘッドスキャナをPCに接続して、時間を掛けて一生懸命スキャンするしかなく、つい億劫になってしまいます。
そこで、小型でPCいらずのこんなフィルムスキャナが米国で発売されています。

WOLVERINE F2D
Stand-alone, No Computer, No Software Required Film to Digital Image Scanner

なんだか、ライトボックスっぽくって、かわいいですね。

スペック的には1800dpi、500万画素でスキャン出来るわけですが、画期的なのは、従来のフィルムスキャナが、インラインCCDを動かしながらスキャンするのに対して、このWOLVERINE F2Dフィルムスキャナは、コンパクトデジタルカメラと同じ大きさの500万画素1/1.8インチ CMOS センサーを用いているということです。
まるっでデジカメでフィルムをコピーする仕掛けですが、厳密に言えば、走査(スキャニング)してイメージを作るスキャナではありません、、、

しかしながら従来のスキャナが、画像をスキャンす時間は数十秒から、処理によっては数分、、、というけっこう我慢が必要だったのに対して、この方式ですと一瞬で済むというわけで、ボタンを押すと、SDメモリカードに一瞬にして取り込んでくれるようです。

そしてお値段は149ドルとお手ごろ、、、、

これで肝心の画質が使えるようであれば、非常に魅力的な製品なのでは無いでしょうか?

これと同じ方式で国内メーカーから似た商品出してくれれば、私も安心して昔のフィルをデジタル化してiLifeに取り込みことが出来ると思いますが、いかがでしょうか?

宜しくお願いします。

スポンサードリンク

アマゾン