【前倒し】Mac OS X「Snow Leopard」は1月5日発表?【MacWorld 2009】

スポンサードリンク

Appleの次期OSX、Snow Leopardが前倒しで正式発表されそうです。

Appleの「Mac OS X 10.6(開発コード名:Snow Leopard)」が、当初の予定をやや前倒しし、2009年の早い時期にリリースされる可能性があることがわかった。

これまでの常識を破って、Window7のβ版はかなり安定して優れたパフォーマンスで動作しており、各方面の期待を裏切っているようですが(^^、このMicrosoftの奇跡(^^;;;がOSX SnowLeopardの発売を早めちゃったのでしょうかね?;;;^^)

筆者としては、新しいWindowsが、初期のビルドにしては、信じられないほど安定しているという点を挙げておきたい。筆者は、Windows 7を、PDCおよびWinHECで多用し、現在もメインのマシンとして利用している。i

 Windows Hardware and Engineering Conference(WinHEC)のMicrosoftブースのスタッフが、タッチ機能を使って長文の文書をすばやくスクロールする方法を実際にやって見せてくれている。WinHECは、米国時間11月5日からロサンゼルスで開催された。

そんなWindpows 7は2010の初頭に発表とのことです。。。。

米マイクロソフト(MS)のダレン・ヒューストン副社長=写真=は14日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、10月末に米国で開発計画が公表された次期OS(基本ソフト)「ウィンドウズ7」を、2010年初頭に日米同時発売する計画を明らかにした。

OSX 10.6はWindows7との直接対決を避けたのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン