ハイブリッドのトヨタはKERS開発間に合わず

スポンサードリンク

来シーズンから、エネルギー回生システムKERSがF1に採用されることが許可されますが、これまでのガソリンエンジンと所謂ハイブリッドなエンジンが強力なアドバンテージになることが予測されますが、ハイブリッドカーのリーダーであるトヨタはKERS無しで来シーズンを迎えるそうです。

トヨタは、KERSなしで2009年シーズンをむかえるることになりそうだ。

勿論KERSシステムも未知数ですから、本当に速くなるのか証明されている訳でもありませんし、複雑化しトラブルの原因になる可能性があります。

フェラーリとマクラーレンのトップ2チームも採用しないそうですが、ホンダとBMWは既にそのKERSを鋭意開発しており、既にテストでは実走し、それなりの効果を発揮しているようです。
KERSは減速中にエネルギーを蓄え、周回あたり、一定の時間だけブーストとして使え、特にパッシング時に有利に働くそうです。

果たして、KERSを搭載することで、上位チームと同等のパフォーマンスを発揮することが出来るようになるでしょうか?

まぁそれより、FIAからエンジン標準化案が提出されていますから、各チームがKERSを開発する意味あるんですかね???

スポンサードリンク

アマゾン