HONDA F1のシート争いブルーノ・セナほぼ合格か?

スポンサードリンク

F1合同テストを終え、トロロッソのシート争いで我等が佐藤琢磨さんが快走したのは記憶に新しいですが、もう1つのシート争い注目のホンダはかのアイルトン・セナの甥っ子ブルーノ・セナをテストしています。

今季正ドライバーで残留が確実視され、5位になったバトンに0秒289差と健闘した。

ホンダ・チームは、今回のバルセロナ合同テストでバトン&ブルツにより2009年マシンの開発を行う一方で、ブルーノ・セナ、ルーカス・ディ・グラッシといった若手ドライバーを起用、その能力の見極めを行ったとされる。

ということで、ライバルであるディ・グラッシより良いタイムを出したことから、ほぼシートを獲得するのでは?という噂です。。。

ホンダにセナが戻ってくる!というんことで話題になっていますが、2008シーズン、F1チームの中最も多額予算を投入してしまった割りには、精彩を欠く成績だったホンダF1チームはセナを擁することで復活を遂げることが出来るのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン


One thought on “HONDA F1のシート争いブルーノ・セナほぼ合格か?

Comments are closed.