【高機能】docomo+Androidは2010年までに前倒し発売【低価格】

スポンサードリンク

Googleが開発した携帯電話OS、Androidはドコモも前向きな姿勢を見せていましたが、とうとう正式に発売を予告しました。

NTTドコモは韓国の携帯通信大手と共同で、米グーグルの無償ソフトを採用しパソコン並みの性能を持つ多機能携帯電話(スマートフォン)を開発する。インターネット機能を強化し、価格は2割程度安くする。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」などに対抗する日韓初の「グーグル携帯」として2009年の発売を目指す。国内市場の飽和感が強まるなか、ドコモが同分野で攻勢を強めることで、携帯電話の競争は新段階に入る。

端末価格は従来と比較して2割ほど安くなるほか、端末の開発には国内外のメーカーも参加するとのことで、タッチパネルやフルキーボードを搭載することでブラウジングだけでなくGoogleの検索サービスやYouTube、Gmailといったサービスが容易に利用できるようにするとのこと。気になる発売時期ですが、2009年を目指しているとしています

今回のニュース記事が盛り上げているのは、Softbank+iPhone .v.s. Docomo+Androidという図式かもしれませんが、日本のスマートフォンとキャリアの関係からすれば、Softbankやa.u.そしてイーモバイルからもAndroid携帯が発売されてもまったく不思議ではありません。。。。

また、Android=低価格という説明ですが、これまで日本の携帯メーカーの端末は、高機能=高価というクラス訳をしていました。
Androidによって、低価格+高機能が実現すれば、皆さんが2年後に買い換える携帯電話は、有無を言わさずAndroidか、iPhoneになっているかもしれまえんね。。。。

スポンサードリンク

アマゾン