オバマBlackberry中毒だった

スポンサードリンク

見事大統領に選出された、アメリカ初の黒人大統領のオバマ氏ですが、IT最先端のギークさんだったようです。。。

オバマは「Blackberry中毒」です。ギズのBlackberry Storm最新情報も全部読み、Blackberryを片時も離さずベルトのホルスタ位置に収めている(想像)、そのオバマがどうやら来年1月から通うオーバルオフィス(大統領執務室)にはBlackberry持ち込み禁止になっちゃいそうなんです。

Gizmodo様の記事によれば、選挙運動中は常にBlackberryで通信や情報収集されていたそうで、、、

松本副長官ダメです、BlackBerryにメッセージしなきゃ;;;^^)

オバマ次期大統領に対する麻生首相のメッセージを口答で伝えた。

一方、こちらがそんなギークなオバマ氏のデスクトップ(^^;;;何とMacが見えます、机に乗っかってる2台はそのBlackberryなのでしょうか?iPhoneじゃないようですw

MySpaceやYouTubeを活用したオバマ氏の選出の要因としてITを挙げる意見もあるようです。

MySpaceなど選挙戦でネットを活用したオバマ氏は、大統領就任後もオンラインで国民の意見を募るなど、Webを利用するもようだ。(ロイター)

米大統領選挙は、結局オバマ候補が勝利した。その勝因の一つに「ネット」をあげる意見は多い。もっとも「ほかの国の選挙に騒ぎすぎ」という気もするし、「マケイン完敗!オバマの驚くべきインターネット活用術(DIAMMOND online ビジネスモデルの破壊者たち)」には戸惑いも残る。

そして当選後、大統領演説はYouTubeで配信することになるそうです。

Barack Obama次期米大統領は、ラジオのほかに『YouTube』を利用して、毎週恒例の演説を国民に流す予定だ。次期米大統領がオンラインビデオを利用して毎週のメッセージを配信するのは、これが初めて

オバマ氏は初のITのITによるITの為の大統領ということになるのかもしれません。

スポンサードリンク

アマゾン