ポルシェ ボクスターに4気筒モデルが追加?の噂

スポンサードリンク

ポルシェボクスターは、911と同じフラット6エンジンをミッドシップに積みながらも低価格化したたいへんお買い得なモデルですが、2011年頃実施しされるシャシの世代交代にあわせて更にお買い得になるように、4気筒ターボエンジンを搭載したボクスターが出るのでは?とイギリスの雑誌が伝えています。

The second generation Porsche Boxster that’s due sometime in 2011 will feature a new base model equipped with a fuel efficient four-cylinder engine according to a report from UK’s Autocar magazine citing company insiders.

実際、仮にポルシェがボクスターを本気で作ったら、ミッドシップという重量配分に有利なシャシーということもあり、確実に911より速いモデルが完成するという噂です。

で今回の4気筒エンジンは低価格化と共に、劇的にエンジン重量が軽くなるとすれば、まるで、ロータス エリーゼに対抗する軽量でスポーティーなモデルになる可能性があります。

実際ボクスターの現行モデルでは2.7Lのベーシックモデルで1370kgで価格は582.0万円
4気筒エンジン搭載で、1200kg台になり(あるいは、シャシの世代交代でそれ以下)、パワーも2.7Lと同等で、価格が4百万円台になれば、それはそれでかなり魅力的なスポーツカーになるのでは無いでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン