ソフトバンクが個性的な携帯電話ラインナップ秋冬モデル発表!

スポンサードリンク

いまやiPhoneが常に上位で頑張っている感のあるSoftBankですが、充実の秋冬モデルを発表ししました。

ソフトバンクモバイルが2008年冬モデルを発表。3.8インチのハーフXGA液晶を搭載したスライドボディの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」や、800万画素CCDカメラ搭載の「930SH」、Samsung電子製のタッチパネルケータイ「930SC OMNIA」など計16機種を用意する。

 ソフトバンクモバイルは10月30日、2008年秋冬モデルを発表した。3.8インチのハーフVGA液晶を搭載し、全面タッチパネルを搭載した端末や、800万画素のカメラを搭載したモデルなどがある。

今回の目玉機種は、3.8インチの大型ディスプレイを搭載したシャープ製のスライド端末「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」と、海外で人気の高いSamsung電子製スマートフォン”OMNIA”の日本向けモデル「930SC OMNIA」という2つのタッチパネルケータイ。

タッチパネル操作SamsngのOMNIAや、HTCのTouch Diamond、やTouch Pro、NokiaのcarlZeissレンズ搭載モデル、そして勿論国産勢はワンセグが充実している折りたたみも揃えられています。

iPhoneも含めるとソフトバンクの携帯電話ラインナップはどれも個性的で、それぞれ、機能の特徴があり、お互いの差別化が成功しているように感じます。

某D社のように、ハイエンドの9シリーズは殆ど折りたたみでどれも機能が横並び、、、っていうのとはえらい違いようですね。

スポンサードリンク

アマゾン