BMW 電気自動車 MINI E を米国で発売へ

スポンサードリンク

BMWのプレミアムコンパクトカー、MINIは外観そのままで電気自動車に改修されたMINI E、米国で500台限定で発売されるそうです。

BMWは10月18日、11月19日に開幕するロサンゼルスモーターショーで『MINI』の電気自動車『MINI E』を発表することを明らかにした。2008年末に500台が限定生産され、2009年初頭に米国の一般顧客と企業にリース販売される。

欧州市場への投入も検討中という。MINI Eは、11月19日、20日に開催される「Los Angeles Auto Show」で初披露される予定だ。

時速100キロへの加速時間は8.5秒。最高時速は電子制御で152キロに制限されている。

その「馬力は驚きの200馬力オーバー!
現行のMINIではスーパーチャージャーを搭載した、ワークスチューンモデルと同等の馬力です。
ただし、車両重量は300kg増加、まだバッテリーに関しては進化途上といったところでしょうか?

しかしながら、その重量増加はすべてリアシート部にあるバッテリーということは、フロント&リアの重量配分はFF車でありながら、かなりリアと分散したものになるのでは無いでしょうか?
もしかしたら、モーター特有の抜群の低速トルクと相まって最強のコーナリングマシンの悪寒(^^;;;

最高速は150km/hで航続距離は240kmと、普段の使用にはまったく問題無いレベルのようでしす。
ただし、米国の場合通勤といえども1日に走る距離は長いので、帰宅後に毎日コンセントに差し込む手間が必要そうですね。。。
将来的には、iPodのdocのようなものがセット販売されるかもしれませんね(^^;;;

ということで、馬力、航続距離もまったく問題無し、デザインも抜群のBMW MINIの電気自動車は、日本で発売してもかなりブレークものなのでは無いでしょうか?

あとは価格次第ですね。。。

スポンサードリンク

アマゾン