フォーサーズレンズのアップデート共同サービス開始

スポンサードリンク

オリンパス、パナソニック、シグマの3社は異なるメーカーとレンズの組み合わせでもアップデート可能となるサービス「フォーサーズレンズ アップデート共同サービス」をスタートさせました。

オリンパスとシグマ、パナソニックは、フォーサーズに準拠した交換レンズのファームウェアを、異なるメーカーのカメラボディを使ってアップデートできるサービスを始めた。

オリンパス、シグマ、パナソニックは15日、「フォーサーズレンズアップデート共同サービス」を開始した。カメラボディのメーカーを意識することなく、フォーサーズレンズのファームウェアアップデートが可能になる。

フォーサーズレンズ アップデート共同サービスは、デジタル一眼レフカメラの本体とレンズを接続し、インターネット経由で最新ファームウェアをダウンロードするというもの。これにより交換レンズをアップデートできるという。

ちなみに、フォーサーズとは、、、、

フォーサーズシステム規格は、オリンパス株式会社とイーストマンコダック社により、次世代のデジタル一眼レフカメラシステムの規格として策定されました。富士写真フィルム株式会社、三洋電機株式会社、株式会社シグマ、パナソニック株式会社、Leica Camera AG から、規格への賛同を得ております。

フォーサーズは、異なる会社間でのボディとレンズを自由に組み合わせられる規格でありながら、レンズのファームウェアの更新は同じ会社のボディしか出来なかったようです。

今回、それが解決できた訳で、フォーサーズユーザにとって朗報ですね。

それより、レンズもファームウェアの更新が必要、ということはプロセッサが入っている時代なんですね。。。

ちなみに、私はオリンパスのE-300というフォーサーズボディを持っていますが、フォーサーズレンズは一本も持っていません(^^;;;;
E-300は今のところMFレンズ用ですから、ファームウェアの更新は必要無いと思われ;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾン