Nikon COOLPIX P6000のレビュー記事

スポンサードリンク

ニコンのコンパクトデジタルカメラのフラッグシップ COOLPIX P6000のレビュー記事がImpress様にアップされました。
広角が28mmとなり、更に魅力的になったP6000の評価は、、、、

「COOLPIX P6000」は、COOLPIX P(パフォーマンス)シリーズの最上位に位置付けられるコンパクトデジタルカメラである。
 同シリーズはCOOLPIXの中でも性能に秀で、機能を充実させているのが特徴だ。そのトップとなるわけだから、カメラ好きとしては大いに気になるカメラといえる。量販店などにおける実勢価格は5万6,000円前後となる。

記事を纏めさせていただきますと、、、、

・COOLPIX P5100から質感や造りは大きく凌ぐ、COOLPIX最上位機種にふさわしい
・画素数優先でダイナミックレンジの狭さを多々感じる
・ノイズは並でISO200まで。それ以上は顕著
・28mmの画角に不満は無し、広角マクロ撮影で楽しむことも可能に
・レンズは画像周辺部でアマく感じられるがコンパクトとしては概ね良好
・ディストーションは「ゆがみ補正」の効果で良好に修正される
・ピクチャーコントロールやアクティブD-ライティングなど機能面はよりデジタル一眼レフに近づく
・アクティブD-ライティングは必需品
・RAWデータのボディ内現像はスペクト比3:2や1:1も選べ使い勝手は良い
・液晶モニターは視野角も広く、明るい場所でも比較的見やすい
・光学ファインダーは見え具合が今一歩だ重宝する
・GPSからの情報で日時を合わせられる
・有線LANは「my Picturetown」に画像を送信できる、旅先のバックアップなどに便利
・ライバルキヤノン「PowerShot G10」、リコー「GX200」

まとめ
競争力の高いカメラに仕上がっているがより強くインパクトのある個性も必要なように思われる

ということです。

最近のニコンのカメラの傾向ですが、保守的な面と、先進的な面が同居したカメラですが、ライバルに比べ価格も抑え気味ですかから、相対的にお買い得なのでは無いでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン