デジタル一眼レフは相変わらず激戦、そしてソニーが

スポンサードリンク

携帯電話の販売台数はかなり落ち込んでいるようですが、デジタル一眼レフカメラは好調状態のようで、フォトキナも終わり各社デジタル一眼レフの新製品を発表した中、相変わらずニコンとキヤノンのシェア争いが続いています。
そしてそのシェア争いにソニーが割って入って来てます。

2008年1?9月の販売台数シェアは、ニコン、キヤノンがそれぞれ40.1%と、両社とも一歩も譲らない結果になった。一方、3位のソニーは1?6月から1.4ポイント上昇の10.0%と大きく伸ばし、

Sony Style(ソニースタイル)

これまで、デジタル一眼レフのシェア3位は、オリンパスやペンタックスが入れ替わり状態でしたが、ソニーがフルラインナッップとしてフルサイズのα900を発表し、その発売前にシェア3位に達したということは、そのポジション定着という予感ですね。
デジタル一眼レフ3強時代の到来かもしれませんね、、、

先週、我が家も運動会だったんですが、まさに二強+SONY状態、、、、

キヤノン>ニコン>>ソニー>>>>ペンタックス?>オリンパス な感じでした。

スポンサードリンク

アマゾン