日本人3人がノーベル物理学賞

スポンサードリンク

日本人3人の方がノーベル物理学賞受賞!とのことです。おめでとうございます!

 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2008年のノーベル物理学賞を高エネルギー加速器研究機構の小林誠名誉教授(64)と益川敏英京都大名誉教授(68)=京都産業大教授、米シカゴ大の南部陽一郎(87)の3氏に授与すると発表した。

物理学の難しい研究みたいで、さっぱりわかりませんがとにかく、一番価値あるノーベル賞の受賞は日本人として誇らしいですね!

一方、こちらのノーベル賞、日本人は得意としているようで、、、、

おかしくかつ意義深い独創的研究に贈られるイグ・ノーベル賞の授賞式が2日、米ボストンのハーバード大で行われ、脳を持たない原生生物である粘菌に迷路を最短ルートで解く能力があることを発見した北海道大の中垣俊之准教授ら6人が「認知科学賞」を受賞した。日本人の受賞は2年連続。

こちらも、日本人として誇って良い筈です!(^^;;;

スポンサードリンク

アマゾン