萌え系なあきたこまちが大人気で、、、

スポンサードリンク

なにかと話題になったJAうごの、人気イラストレーターの西又葵さんデザインの「萌え米」ですが、予測?を上回る萌絵人気によって販売を停止するほどの騒ぎになっているようです。

人気イラストレーターの西又葵さんが米袋のパッケージを描いた秋田県羽後町産「あきたこまち」新米が、注文殺到で販売を一時停止していることが2008年9月29日分かった。

この萌え米、宣伝は所謂クチコミ程度で大人気になるのは、萌えパワーに着目し、そして西又葵さんのイラストに目をつけた秋田県JAうごの企画力の賜物と言って良いのですが、、、、当初は店頭に置いてくれないなど、厳しい事態になっていたようです。

ちなみに、「店の雰囲気に合わない」と店舗での扱いを断られたこともあったそうだが、「若者なら受け入れてくれるはず」とJA担当者は強気だそうだ。

断られたた店舗は、ちょっと失敗でしたね(^^;;;;そんなこんなでサイト販売に活路を見いだしたのも、ヒットの要因だと思います。
ただJAうご販売サイトに気になる一文も

お礼とお詫び
* 西又葵デザイン米袋入り「あきたこまち」に大変多くの方のご注文を承り、誠にありがとうございます。只今JAうご職員一同、ご注文者への電話確認、発送準備に全力を尽くしています。
確認が出来ましたお客様から順次に、9月29日より発送いたします。
* ご本人様からの注文であることを確認する必要があります。当方より電話で確認する作業を急いでいますが、まだ確認の済んでいない方々も多く残っている現状です。
誠に申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。
又、個別の問い合わせにお応えしにくい状況ですので、この点もご理解ください。

なんだか、電話確認して本人確認が取れたら配送しているらしいですね。。。。
ひやかしなどの注文も相当あるのでは無いでしょうか?
対応にJAうご職員総動員で頑張られているらしいです、、、予測以上に人気になっちゃうのもそれはそれでたいへんそうですね、、、頑張ってください!

そして、GIGAZINE様はご注文されていた、「萌えあきたこまち」が、届いたそうで、レポートされています。

GIGAZINE編集部では幸運にも注文停止前に注文していたのですが、その「あきたこまち」がついに届きました。

ということで、早速便乗?も、、、、秋葉原でもお米が売られているそうで、、、

今回発見したのは、「萌え米.COM」というサイトの「萌え米(あきたこまち無洗米)」。

ということで、こちらも大人気で、既に完売、、、新米の入荷待ちという事態になっているようです。。。。

そんなこんなで、日本のお米袋は全て萌え系になっちゃう予感がするのは私だけでしょうか?(^^;;

ちなみに、萌え系イラストが描かれたクルマは「痛車」っていうのに、お米の場合は「痛米」にならないんでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン