マイクロソフトがブラウザ版Officeを準備中

スポンサードリンク

Google Docs使っていますか?
私も最近出先でEeePCで簡単な文書を作成するとき使うようになりました。
マイクロソフトはGoogle Docsに対抗する、Webブラウザで動くOfficeを準備中とのことです。

マイクロソフトは本日(米国時間10/28)、重大発表を行った。Word、Excel、PowerPoint、およびOneNoteのOfficeアプリケーションを、ブラウザで利用できるようにする「軽量版」を準備中だとのことだ。Internet Explorer、Firefox、およびSafariがサポートされるとのこと。利用者はウェブ経由でドキュメントを閲覧したり編集することができるようになる。

ロサンゼルス発–ウェブベースの生産性アプリケーションの意義を長年にわたり疑問視してきたMicrosoftが米国時間10月28日、標準的なウェブブラウザ上で実行できる「Word」「Excel」「PowerPoint」の新バージョンを提供する予定であることを認めた。

高価なOfficeですが、がWeb版でGoogleのように無料にする勇気はMSにあるのでしょうか?

一方、PC版Officeの方も、OpenOffice.のように、無料のアプリケーションの質や互換性が向上し確実にOfficeの代替として使えるレベルに達しています。

本当にOfficeって必要なの?と考えさせる時期にきているのかもしれませんね。。。。

CNET様ではそんなブラウザベースのOfficeのスクリーンショットを掲載されていますので、じっくりご覧ください。

ロサンゼルス発–Microsoftは米国時間10月28日、「Word」「Excel」「PowerPoint」の新バージョンが標準的なウェブブラウザ上で実行可能となることを認めた。このブラウザ上での編集機能は、次期「Office」であるOffice 14と併せて開発中だ。

スポンサードリンク

アマゾン