MicrosoftもNetBookを応援

スポンサードリンク

DELLはちょっと大きめのNetBook、Inspiron Mini 12を発売しました。

デルは10月27日、個人向けノートPCの新製品として、いつでもどこでも持ち運べる携帯性と、メインPC感覚で使えるフルサイズ並みキーボードを備えた「Inspiron Mini 12」を発表した

このMini 12がネットブックとして実現した背景としては、マイクロソフトのNetBook向けのXPライセンスの緩和によるものだそうです。

世界に先がけて日本で先行店頭販売となったデル Inspiron Mini 12はネットブックで一般的なAtom N270 + 945GSE Expressではなくさらに低消費電力のAtom Z520 / 530 + SCHを採用、HP 2133よりさらに(わずかに) 広い1280 x 800解像度の12.1インチディスプレイなどユニークな仕様を備えていますが、12インチクラスでWindows XP採用の低価格ノートは今後競合他社からも登場してくるかもしれません。

デル株式会社

ということで、12インチまで低価格のパソコンとして発売出来るようになったということは、益々ネットブックが実用的なマシンとして一般化することををマイクロソフト自ら推進しているということでは無いでしょうか?

そして、10インチや12インチのネットブックが盛り上がると 、Appleもネットブック的なデバイスを出さざる終えないくなるかもしれません!

頑張れネットブック!w

スポンサードリンク

アマゾン