F1共通エンジン マジ入札開始

スポンサードリンク

FIAはF1のエンジン入札制をマジ開始するようです。

FIAは金曜日の午後に上海で、2010年のF1標準エンジンの入札手続きを開始したと発表した。この話は各チームの代表にとっては寝耳に水で、FIAはこの問題に関して来週ジュネーブで会合を開く。

これにより、エンジンサプライヤーは離脱を考えざるをえない状況になるかもしれません。

バーニー・エクレストンは17日(金)、エンジン標準化策導入によりチームのF1離脱が生じるかもしれないとの憶測を一蹴した。

一方、カスタマー問題については、逆に許容の方向に、、、、

そしてカスタマーカー問題に関しては、最近になって、既にF1に出走しているチームはクルマ全体の売買も含めた技術共有を行っても許されるべきだという考えをバーニー・エクレストンが発表した。

どちらにしても、 チームのコストを下げる方向には違いありませんが、、、、

エンジンの進歩の無い F1は已然として魅力あるものになるのでしょうか?

確かにフォーミュラーニッポンなどはエンジンにさほど脚光を求めないカテゴリーになっていますが、、、
フェラーリや、フォード、ホンダ、ルノーなどの伝説的なF1エンジンはもう誕生しくなるのも寂しいことですね。。。
ただ、今後は内燃機関の時代は去ることも予測されますが、、、

スポンサードリンク

アマゾン