原材料高騰で駄菓子の「当たり」がピンチ

スポンサードリンク

駄菓子屋のクジ引きはお子様の楽しみ、、、ってのは駄菓子屋の減少と共に、昔の話になりつつあるようですが、更に原材料高騰ということで、、、

子供たちの「社交場」駄菓子屋さんで売られている菓子の「当たり」が減っている。子供にとって「当たりが出てもう一個」というのはワクワクする魅力なのだが、原材料費や包装費、運搬費などが高騰しているものの、子供向け商品のため値上げはできず、メーカーは苦渋の選択で「当たり」を無くしたり、減らしたりすることに決めたのだという。

ネットやゲーム、そして、カードや対戦型のおもちゃなど、駄菓子のくじ引きより、刺激の多い遊びが多くなりましたから、今のお子様はクジに興味あるのでしょうか?

親の介入とか攻略法、、、、なんて世知辛いことしてたりしてね(^^;;

スポンサードリンク

アマゾン