イケイケ「MINI John Cooper Works」日本でも発売

スポンサードリンク

200馬力オーバーのBMW MINI John Cooper Worksが発表されました。

ビー・エム・ダブリューは24日、MINIのラインナップの中で、最もハイパフォーマンスなモデル「MINI John Cooper Works」を発表した。発売は25日で、価格は363万円。6速MTのみの設定で、ATは用意されない。納車開始は10月中旬以降の予定。

ちなみにチューニングキットとして世界限定で発売された、MINI Cooper S with John Cooper Works GP Kit は世界限定2000台のチューニングマシンでした。
エンジンにはスーパーチャージャーが用いられていました。
ウィングもこちらの方が、チューニングカーっぽいですね。

新しいMini JCWはBMW M3のような最上級のレギュラーモデルになるようです。
その心臓には、ツインスクロールターボにより、211馬力を生み出します。

■MINI John Cooper Works(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス)の特徴
MINIのラインナップ中で最も高いパフォーマンスを発揮するMINI John Cooper Worksは、BMWグループによって開発された高性能なエンジンを搭載。オクスフォード工場で生産される。ツインスクロール・ターボチャージャーおよびダイレクト・インジェクション・システムを採用した新開発4気筒エンジンは、最高出力155kW(211hp)/6,000rpm、最大トルク260Nm/1,850〜5,600rpm(オーバーブースト時は280Nm/2,000〜5,300rpm)を発生。0-100km/h加速性能6.5秒、最高速度238km/hとなる。

更に、ワゴン仕様であるClubmanの方にもJCW仕様が追加されたそうです、

ということで、シンプルでダイレクトであったMINIも、様々なラインナップが追加され重厚長大になりつつありますが、スーパーチャージャーからターボに変更され更に強力になったBMW MINIに注意!(^^;;ですね。

スポンサードリンク

アマゾン