日産の世界戦略車ピクソ、トヨタのiQ、そしてTATAのnano

スポンサードリンク

こちらがパリショーでデビュー予定の日産の世界戦略車”ピクソ”だそうです

欧州日産は9月5日、10月2日に開幕するパリモーターショーで新型『ピクソ』を世界初公開すると発表した。

マーチより更に小型のボディと、新開発の3気筒エンジンでかなりエコなクルマのようです。

一方、こちらが先にコンセプトを発表していたトヨタのコンパクト世界戦略車”iQ”

トヨタ自動車は6日、年内に発売する超小型車「iQ」の一般向け先行試乗会を愛知県犬山市で開いた。iQは全長が3メートル弱で4人乗り乗用車としては世界最小クラスになるという。

iQが2ドアでミニマムを追求したのに対して、ピクソは4ドアながらミニマムなクルマです。

一方、そんな2台の最も強烈なライバルになる筈の世界一安価な量産車を目指していたインドのTATA社nanoですが、、、その生産が暗礁に乗り上げている模様、、、

Tata Motors社は正式に建設の中断を発表しました

日本発の低燃費&コンパクトカーは、世界を席巻することになるのでしょうか?
それともこのようなミニママムなクルマがガソリンエンジンの車の幕引きな役割となるのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン