iPhoneはアジアが苦手なのだ

スポンサードリンク

世界中のスマートフォンを席巻中のApple iPhpne ですが、アジアの巨大な携帯電話市場を形成している、中国とインド、そして我が日本では調子悪いようです。

その理由は、、、

米Apple社の『iPhone』は、北米ではライバルを相手に互角の競争を繰り広げているかもしれないが、日本、インド、中国というアジアの3大通信市場では苦戦しているようだ。

Apple Store(Japan)

ロックは外しちゃうは、高いと文句言われるわ、大変ですね(^^;;;

また、もう1つのネット先進国の韓国の場合、国でハードウエアに規制を掛けており、iPhoneが販売出来ない状態のようです。

一方で、韓国でiPhoneが発売されないのはまったく 別の理由から。。。

一方、香港でiPhoneはSIMロックフリーしか販売していないようです。

11日にソフトバンクモバイルから発売開始されたAppleの「iPhone 3G」。香港でも同日に販売開始となったが、日本とは違い初日の販売は抽選方式となった。一体なぜこのような販売方法が取られたのだろうか?

スポンサードリンク

アマゾン