ベルギーGPマクラーレンの抗議は無駄?

スポンサードリンク

マクラーレンF1のハミルトンがフェラーリのライコネンとバトルし、シケインをショートカットしながら、パッシングしたように見えた件、、、ハミルトンの25秒加算のペナルティへの抗議は無駄かもしれません、、、

マクラーレン・チームはベルギーGPで優勝した同チームのルイス・ハミルトンに対するペナルティ処分に正式抗議を提出しているが、関係者の見方によれば事実上『方策なし』という状況のようだ

昨年から、マクラーレンに超厳しく、フェラーリに甘いという印象が拭えないことは共通する意見だと思います。

特にその布石はその前のバレンシアGPでのマッサのピットアウトの件、、、

今季第12戦・欧州GP決勝で優勝したフェリペ・マッサ(ブラジル=フェラーリ)はレース後、危険行為があったとして大会審査委員会から警告と罰金1万ドル(約110万円)の処分を受けた

こちらは軽い罰金に済んだというのが、なんとも。。。。。

スポンサードリンク

アマゾン