【爆速】Google Chrome私もインスコ【最強】

スポンサードリンク

今日の最大のニュースは、角界のアノ事件なんですが、TI系の方にとって最大のニュースは、Google Chromeが日本でもダウンロード可能になったことです。
早速私もChromeでコレ買いています(^^;;;

そして、早速CNET様がChromeのベンチマークを敢行。。。なんと既存のブラウザに対して、とんでも無いパフォーマンスをたたき出してしまったのです、、、、

Googleがオープンソースのウェブブラウザ「Chrome」をリリースした理由の1つとして、同社は「処理速度」によって実現される、より高速なブラウジングと、いっそうリッチなアプリケーションを追求していることが挙げられる。では、実際Chromeの処理速度は、他のブラウザと比較してどの程度なの

レンダリングエンジンには、AppleのSafariと同じ、Webkitを、そして、FireFoxのコンポーネントも採用し、V8という新Javascriptエンジンを搭載したいいとこ取りなブラウザ、、、

私もChromeしばらく使ってみて確かに快適が確かに、ほんのりとSafariのレンダリングの香りがしますw
これまでFireFoxをディフォルトブラウザにしていましたが、早速、Chromeをそうしましたw

また、速度のみならず、機能面や使い勝手の面でも今までのブラウザに無い発想も取り入れられ、最新のブラウザとして、そして、Googleがリリースするだけあって、流石といった面が感じられます。

Googleが米国時間9月2日に公開したオープンソースウェブブラウザ「Chrome」。ここでは、米CNET Newsが見た同ブラウザの機能について、先に公開されたフォトレポートで紹介されていないものを中心にチェックする

最も頻繁にアクセスするページが、それぞれ別個のタブ(ウィンドウ)として、サムネール付きで表示される。検索欄と、最近のブックマークのリストも表示される。さらに、アドレス・バーの下ではなく上に、タブが表示されている点にも注目してほしい

こちらのニュースサイトでのFireFoxより明らかに速いそうです。

ウェブサイトを閲覧するための「ブラウザ」のシェア争いが加速するなか、検索エンジン大手のグーグルが、独自のブラウザを発表した。検索方法が簡略化されたほか、圧倒的な動作の速さが特徴だ。マイクロソフト(MS社)のインターネット・エクスプローラー(IE)が圧倒的なシェアを誇るブラウザ市場に異変が起きそうだ。

ということで、ChromeはIEにとっても脅威ですが、実は、WinとセットのIEに対して、代替ブラウザとしてはFirefoxの方が脅威なのでは無いかと思うのですが、MizillaのCEOはChrome大歓迎とのことで、、、

「Chrome」のリリースは、GoogleがMozillaの最大の競合相手になろうとする試みを示す動きだ。それにもかかわらず、Mozilla Corporationの最高経営責任者(CEO)であるJohn Lilly氏は米国時間9月1日、Chromeのリリースについて達観した意見を述べた。

でも攻撃を仕掛けたのはのGoole、、、

Google は2日、新しいオープンソースの Web ブラウザ『Google Chrome』を公開し、ブラウザ戦争に参戦した。

Googleがブラウザを手中に収める目的は、もちろん利益をもたらす為、、、

Google が同社の新しい Web ブラウザ『Google Chrome』で目指すところはいたってシンプルだ。Web 体験を加速させ、ひいては Google により多くの利益をもたらす —- これに尽きる

CNET Japanパネリストの方々のご意見

そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。

スポンサードリンク

アマゾン