2009年のF1マシンはスッキリしドライバーは忙しくなる

スポンサードリンク

来年のF1レギュレーションは主に空力に関して大きな変更があるようですが、トヨタの技術者がその傾向と対策を解説されています。

トヨタF1チームのシャシー部門シニア・ゼネラル・マネージャーであるパスカル・バセロンが、大きな変更となる2009年の空力レギュレーション、そして2009年のF1マシンのデザインについて語った。

来年の空力レギュレーションは、、、

・ダウンフォースの大幅減少
・空力的な付加物の廃止
・フロントウィングをドライバーが調整出来る
・スリックタイヤの復活

ということです。
特に、フロントウィングをドライバーが常時調整出来るというレギュレーションは、画期的ですね。
もしかしたら、ステアリング操作以上に忙しいものになるかもしれませんね。

また、スリックタイヤの復活への対応、そしてKERSシステムの導入と、本当に大幅にF1のレギュレーション変更の年です。
ウィングの調整方法が上手く、スリックタイヤの特性をいち早く取得し、KERSを使いこなし、パッシングの判断が的確、、、とシャシ、タイヤ、エンジンに対する知識や技術に詳しく、レギュレーション変化への素早い対応能力にがあるドライバーが有利になることが予測されますね。

スポンサードリンク

アマゾン