【薄】SONYはサイバーショットT77、T700発表【薄】

スポンサードリンク

ソニーは屈曲レンズを搭載したデジカメT77とT700を発表しました。
何といっても特徴は超薄いってことらしいです。

ソニーは8月7日、デジタルコンパクトカメラ「サイバーショット」において、超薄型で手ブレ補正機能を内蔵したエントリー機「DSC-T77」(T77)とハイエンド機「DSC-T700」(T700)の2機種をラインアップした。発売は9月5日より。価格はともにオープンとなる。

ソニーは、光学式手ブレ補正搭載モデルとして世界最薄を実現したコンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-T77」を9月5日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万8,000円前後の見込み。

ソニーは、約92万ドットの液晶モニターを搭載「サイバーショットDSC-T700」を9月5日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。

Sony Style(ソニースタイル)

T700の方は超薄いボディの中に光学式の手ブレ補正を搭載しこと、そして、アルバムコンセプトという大画面液晶を搭載したことが特徴のようです。
そしてT77は超薄カメラのエントリ機。

国内のコンパクトデジカメ市場ではちょっと人気の無かったソニーですが、海外ではなかなかの人気だそうです。
T700やT77はVAIO同様に、ソニーのデザイン復活の予感が漂うクールなデジカメですね。

スポンサードリンク