こともあろうにジョブズ氏の死亡記事がアップされた

スポンサードリンク

今IT業界でもっともホットな1人、、、スティーブ・ジョブズ氏のこともあろうに世界の金融情報を扱うニュースサイト『Bloomberg』が死亡の記事がWebを駆け巡りました。
もちろんすぐに完全な誤報であり、すぐにその記事は削除されたようですが、、、

Apple最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏について、執筆途中の死亡記事を誤って配信してしまった。同記事はただちに撤回されたが、ゴシップブログGawkerがその内容を入手した後だった。

経済・金融を専門とする米大手通信社Bloombergが、Apple CEOであるSteve Jobs氏の死亡記事の準備稿を誤って配信してしまうというトラブルが起こった。

ご存知のように、この記事がより波紋を呼んでいるのは、ジョブズ氏の健康問題が相変わらず不透明なことも要因です。

この「訃報」がこのような騒動になる背景には、ジョブズ氏の健康問題に対するスタンスの問題がある。

ジョブズ氏が激痩せしたこと、そして、初期的な癌の手術を受けていたことで、メディアは万全を期して彼の死亡記事をあらかじめ準備しておくようです。

ということで、いったい何人くらいの死亡記事があらかじめ書かれているのでしょうか?
また、そんな事前準備記事いったいどのように管理されているんでしょうね?、、、、

WIRED Visionでは各メディアの見出し記事をピックアップされています。

米Apple社の最高経営責任者(CEO)、Steve Jobs氏の健康問題に関する記事をこれまで掲載してきた(日本語版記事)手前、『Bloomberg』の誤報に関する『Gawker』の記事を取り上げないわけにはいかないだろう。

スポンサードリンク