自動車税がCO2排出量ベースに?

スポンサードリンク

現在自動車の税金は、排気量ベースになっていますが、これをCO2排出量ベースにすることが検討されているそうです。

経済産業省が平成21年度の税制改正で、エンジン排気量の大きさを中心に税額を決めている自動車税制を見直して、走行1キロメートル当たりのCO2排出量を基準に税額を決める方式への変更を検討していることが23日、わかった。

CO2排出量ベース=燃費ベースになるということなので、だいだい排気量と比例することになりそうですが、軽自動車もこの制度に組み込まれるとなると、これまで極端に優遇されていた軽自動車税が無くなるということで、いろいろ波紋を呼ぶようです。

また、RVなど通常の走行では無駄な重量があるクルマも税金が高くなりそうですね。
そして、前回ご紹介した、マツダの水素ロータリーエンジンのRX-9(仮称)は、二酸化炭素排出量ゼロなので、税金ゼロってことなのでしょうか?(^^;

マツダですが、水素ロータリーエンジンを本当に発売するかもしれません。

スポンサードリンク