旅写真のコツ

スポンサードリンク

デジタルカメラの購入ポイントは”機能”のようですが→デジカメのキメテは”機能”です – :: 246 log ::
どんなスゴい機能満載のデジタルカメラをゲットしても、やはり写真の上手・下手ってのは撮り手次第、、、GIGAZINE様では旅の写真の撮り方の5つコツを紹介されています。

どういう風に撮影すれば上手に思い出を残すことができるのか、ちょっとした5つのコツは以下から。旅行以外の撮影にも応用できます。

どうです?5つのコツ参考になりましたか?

また、機材のこと言ってもしょうがないのですが、その5つのコツの中のこちら
・D:被写界深度が深い方が良い。
というのは興味ありますね。

よくある、主題の一部にピントがあって背景ボケボケのかっこ良い写真、たしかに思い出という観点では、あまりイケてないかもしれませんね。
背景ボケボケの写真は一眼レフカメラが得意ですが、被写界深度が深いのはコンパクトデジタルカメラの方が得意です。
ということで、旅に最適はカメラは軽量でカバンの中に入れても邪魔にならない、コンパクトデジタルカメラが最適というわけですね。

ちなみに、チョートクさんこと田中 長徳さんの愛用のデジタルカメラはリコーR8だそうです。
28mmの広角から200mmの望遠まで、ポケットに入るボディで実現してるんだからそりゃなんでも使えるコンパクトデジタルカメラですね。

上の画像は、ポケットの中からR8を出して撮影したのだが、日常使いのデジカメはコンパクトデジカメ以外にはちょっと考えられない。

スポンサードリンク