電気自動車が意外に危険な件とiPodな歩行者のキケンな件

スポンサードリンク

前のエントリで日産の電気自動車メーカー一番乗り宣言をご紹介しましたが、電気自動車はハイブリッドカーはキケンな一面も、、、

ハイブリッドカーや電動自動車はモーターを使うために排気ガスを出さず、走行音も静かというメリットがありますが、その一方で「ハイブリッドカーは静かすぎて歩行者にとっては危険だ」という主張も一部で述べられています。

私は、電気自動車で無くっても体験していることで、、、つまりは、、、、その昔、バイクのマフラーを変えたところ(今では法的にキビシイくなってますが)、周囲の認知度が、、、かなり、、、、向上することを体感したのです(^^;;;;

また、自転車でも、ベルでチンと鳴らすと歩行者の方がすごい形相で振り向く場合があるのに対して、キーキー鳴くブレーキの方がスムースに認知していただき、かなり便利なことは皆さんご経験がある方多いかもしれませんね;;;^^)

ということで、無音で走行できる電気自動車や、ハイブリッドカーもかなり危険(^^;;なことが予測出来ますね。

一方でiPod聞きながら歩行や、自転車の方も問題になっています。
ならばiPodとクルマがたとえばBluetooth同士で通信して危険をお互いに連絡するシステムが実現すると、2つの問題が一気に解決されるので、良いのでは無いでしょうか?(^^;

BluetoothのClass2だと10m、Class1だと100m電波届きます;;;^^)

スポンサードリンク