F1ハンガリーGP予選終わりましたね

スポンサードリンク

F1GPも中盤戦をそろそろ終えようとしていますが、流れはマクラーレンのハミルトンにありますが、今回のGPはどうなんでしょう?ハンガリーGPの予選が終了しました。

2008年F1第11戦ハンガリーGPが8月2日(土)、ハンガロリンク(1周/4.381km、3日決勝70周/306.663km)で2日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から60分間、Q1からQ3の3セッションからなる予選が行われた。

ということで、流れはハミルトン依然としてチャンピオンへの道を突っ走ろうと、ハンガリーGPも確実にポールポジションを獲得です。
そして、今回2位は同じくマクラーレンのコバライネン、先日契約更新を発表したばかり。これまで、ハミルトンの後ろに付くことが出来なかったですが、その期待通りの仕事をしてくれました。

F1世界選手権シリーズ今季第11戦、ハンガリーGPは2日、モジョロードのフンガロリンク(1周4.381キロ)で20台が参加して公式予選を行い、3連勝を狙うマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が1分20秒899で今季2戦連続4度目、通算10度目のポールポジション(PP)を獲得した。

対するフェラーリは不調具合が拡大、チャンピオンのライコネンは、、、マクラーレンに追いつけないばかりか、BMWのクビサ、更にはトヨタのグロッグにもやられてしまいました。

中嶋さんは残念ながらQ1敗退、本戦の納豆走法に期待です(^^;

ということで調子が上向いてきたのは、トヨタ。
2台ともQ3進出。特にグロッグが予選4位という驚きの結果を叩き出しようやく本領を発揮という感じですね。

今年はさまざまなドライバーに脚光が当てられるシーズンです。
今回ハンガリーGPは、トヨタのグロッグがその1人に加わることが出来るかもしれませんね。

スポンサードリンク