F1 ヨーロッパGPバレンシアサーキット決勝

スポンサードリンク

ポールポジションはフェラーリのマッサ。
そして、前回エンジンブローによって残り数週でのリタイア。
今回マッサは無事最後まで走りきることが出来たのでしょうか?
そしてポイントリーダーのハミルトンは、そのチャンピオンポイントを広げることが出来たのでしょうか?

優勝は、ポールからトップを明け渡さなかったマッサがリベンジ。

2008年F1第12戦ヨーロッパGPが8月24日(日)、バレンシア市街地サーキット(1周/5.440km、24日決勝57周/310.080km)で3日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から決勝が行われた。

ピットアウトでフォースインディアと絡みペナルティー審議になったよううですが、罰金で済むという結果になり、順位はそのままです。
一方、フェラーリのライコネンはピットでの給油トラブル、そしてエンジンブローということで、最悪のGPとなりました。

またもう一人の最悪なのはアロンソ。
1週目に中島一貴に追突されリタイア。。。。
スペインのホームGPを殆ど走ることなく姿を消しました。

ルノーF1チームにとって、残念な週末となった。ヴァレンシアで行われたヨーロッパGPで、フェルナンド・アロンソは1周目でリタイア、ネルソン・ピケは11位に終わった。

2位のハミルトンは現状ではベストの結果でしょうか。
確実にチャンピオンポイントを重ねました。

スポンサードリンク