S・ジョブズ氏とB・ゲイツ氏の健康問題

スポンサードリンク

前回のWWDCで劇痩せのジョブズ氏のお身体に何か起こっているのか?
特に投資家の方はかなり心配なようです。

Steve Jobs氏の健康を心から心配する人は、まず体に害を及ぼすことをしないという、治療の大原則を肝に銘じておくべきだ。

Appleからは何の公表もありませんから、別に心配することはありませんが、ジョブズ氏が新製品をプレゼンしないAppleも想像してみると、それはそれで興味がありますね。
僕としては、ここ最近のジョブズ氏のプレゼンはいつもすばらしいと思いますが、会場にいる方々の景色を見ているとまるで魔法に掛かっているかのような絶賛状態が不思議でなりません。
ジョブズ氏以外、これと同じことが出来る人がAppleにいるのか、是非見てみたいものです。

一方、引退したなおますますお元気な、ゲイツ氏も健康問題にすごく関心を持ったれているようです。

全世界の喫煙者は10億人を超えており、「緊急に対策を取らなければ、今世紀に10億人――そのうち3分の2以上が開発途上国の人間――がたばこが原因の病気で亡くなる可能性がある」と両氏は声明文で述べている。

エコノミークラスに乗り、マクドナルドのハンバーガーを愛するゲイツ氏は、世界中からタバコをなくし、皆さんが健康に暮らせるように残りの資産を使われる決意をされているようです。

スポンサードリンク

アマゾン