国際ガンダム研究会が発足したそうです

スポンサードリンク

1979年(昭和54年)4月7日ガンダムが生まれたようですが、足掛け30年弱とうとう学問として成立するくらい、文化に根付いているようですね、、、

本研究会は、1979年から放送され、数多くのシリーズが製作されている『機動戦士ガンダム』(MOBILE SUIT GUNDAM)をモチーフとして、未来都市の諸問題を研究するものである。

すいません、私的にガンダムにそれほど思い入れは無いのですが、日本のアニメ文化にもっとも影響を与えた作品のうちの1つであることくらい理解出来ます。

学会は、社会学や建築工学の大学教授など有識者で構成し、橋爪紳也・大阪府立大学特別教授が会長に就任。作品の中で描かれている、人口の増加により宇宙に移民する時代「宇宙世紀」を経済学や社会学の観点で分析。作品が提示している未来像の実現可能性や、課題について議論する。

ということで、メンバの方は大阪府立大学の大学教授などの有識者、、、ということで、ガンダムであるからこそ、その公的資金が、、、っていうツッコム方もいらっしゃらない、、、ですよねっ;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾン