アロンソがスポンサーを引き連れフェラーリにやって来た

スポンサードリンク

アロンソのフェラーリF1入りがいよいよ現実的なものになってきました。

マクラーレンの主要スポンサーのひとつであるサンタンデール銀行(スペイン)が、来季以降、フェラーリに乗り換えるという話が浮上した。
ドイツ『Sport Bild(シュポルト・ビルト)』誌が報じたもので、一説によると、契約金は一年2,500万ユーロ(約42億2,000万円)もの巨額だ。さらに、フェルナンド・アロンソ(ルノー)の加入も、あり得るらしい。

今後は銀行という最強のスポンサーを引き連れての、移籍報道です。
前回のイギリスGPでは、マッサが最悪の評価で一気に評判を落としています。
またライコネンもシューマッハに匹敵する強さを発揮しているとは言えません。
一方で、生涯一マクラーレン宣言をした、ハミルトンはモナコGPと地元イギリスGPの2つの重要なレースで勝利するという、一流ドライバーとしての強さを見せ初めています。
ここでフェラーリは強靭なアロンソに期待し始めることは十分考えられますね。

来年は真紅のフェラーリにブルーのヘルメットが座っている絵が見れるかもしれませんね!

スポンサードリンク

アマゾン