【docomo】iPhoneへ移行の意向はとんでも無い数だった【au】

スポンサードリンク

Kakaku.comの調査では何と2人に1人がiPhoneの購入をマジ検討しているということです。。。
更に驚いたことには、逆にソフトバンク以外のユーザは6割もがキャリア変更の検討を、、、

但し、kakaku.comのユーザといいえば(私も登録していますが)かなりガジェット好きなユーザと言えると思いますので、この数字はそれなりに偏りがあると思いますが、逆に言えばコアなユーザだからこそ、ガジェットやキャリアにお金を払うことも厭わない方々、またトレンドに敏感でクチコミの上流にいらしゃる方々、、、が、移行するということは、かなりの波及効果をもたらすのでは無いでしょうか?

でこちらのグラフはキャリア別の移行の意向(^^;;

docomo  62.5%
au    65.2%
SoftBank 79.5%
WILLCOM 63.6%

と若干ドコモユーザが少ないようですが、これは、ドコモが未だiPhone獲得を検討しているという可能性に掛けているのか、それでも、可能性の無いauとたった数パーセントですから、かなりの数の方がdocomoを見限っているのかもしれません、、、
また、データ通信やインターネットとの融合が進んでいるWILLCOMユーザの方でさえも6割以上の方が移行を検討されているということ、、、これはiPhoneが単なるネット端末以上の魅力を有していると感じられていると思います。

更に、iPhoneは2台目として購入するか?という調査、3割の方が2台目購入ということです。

これらの結果から、iPhoneのビッグバン、もしかしたら起こるかもしれません。
但し、ソフトバンクな方7割と2台目購入される方併せるとソフトバンク=iPhoneとなる可能性が高いのでは無いでしょうか?
もしかしたら孫社長が思った以上にiPhoneに移行することになると。。。
・Appleへの販売奨励金(上納金)の負担がかなり大きくなる
・他のケータイ電話メーカーからそっぽを向かれる。
・あるいは他のケータイ電話メーカーからも上納金を請求される。
・iPhoneがいきなり増え過ぎて常時接続が多くなりインフラが間に合わなくなる
・iPhoneのブームが過ぎ去るとSoftbankも一機にダメになる、、、
というリスクがあると思いますが、、、

さて、ソフトバンクから発売されるiPhoneはいったい何台売れることになるのでしょうね!

スポンサードリンク

アマゾン