【ロングテールな】ソフトバンクに乗り換えない理由、、、DoCoMo2.0と家族の関係にある【解約金】

スポンサードリンク

前のエントリでご紹介した私の知り合いは、ドコモからソフトバンクにMNPされたようですが、私もソレ考えましたが、あまりにもマンドクサイ、、、というか、あまりにも複雑でしたたかなな携帯電話の割引サービスに呆れ果て、考えるのが面倒になってますw

ソフトバンクモバイルは今年上半期の携帯電話市場で一人勝ちを収めた。しかも7月には「iPhone(アイフォーン)3G」を投入。一気にシェア地図を塗り替える勢いだ。だが、行列を作ったのは大半が若い層で、40代以上が雪崩を打ってソフトバンクに乗り換えているわけではない。勢いづくソフトバンクに背中を向け、NTTドコモ、au(KDDI)に大人が留まる理由は1つではないようだ

年割りで一番ハマるとどうなるか、、、ドコモで最悪の場合をシュミレーションしてみました。。。。

ドコモユーザがDoCoMo2.0の乗っかり以下の契約していたとします。。。
・2008年3月、、バリュープランスタートキャンペーンで様々な特典に引かれで24ヶ月払いで携帯電話購入
・2008年4月、、家族間通話を無料スタート、MAX割引を申し込む
・2008年5月、、2in1月額半額キャンペーンで2in1申し込む
・2008年7月、、2in1バリューの新割引コース発表で、申し込む、、、

これを2009年3月解約するとどうなるのか、、、、
・バリュープランの携帯端末残額頭そろえて清算約2?3万円?
・MAX割引解約料9,975円
・2in1 バリュー解約料9,975円(なんと回線毎だそうで)
・いちねん割引の解約金4600円もかかるのでしょうか?→ドコモのページで判別不能

そして、これらの割引サービスの停止は、それぞれが2年間(あるいは1年)にたった1ケ月の廃止申し込み期間しかないのです、、、DoCoMo2.0に乗っていろいろ適用しちゃった人は、2年も経過した後、それぞれ廃止手続きをきっちりしなければ、すぐさま残り2年間どれかの違約金が発生することになります。

さて、ご家族がいらっしゃる方は更に悲惨です、、、
現在家族持ちの方の最も大きな魅力は、家族間無料通話、、、では無いでしょうか。
つまり、家族の携帯を一気にMNPしなければ意味ありません。

そうです、ご家族の他の携帯電話も同様のパターンでご購入さされていたとすれば、、、どの携帯がどのような解約金はいつ発生するか?んもう判断不能になります。

更に、家族の携帯台数分、MNP手数料2000円が取られるというのもバカになりません。。。
下手すると、家族の解約だけで5万円以上の無駄なお金が吹っ飛ぶことになるのす。。。
そりゃ30代40代の家族持ちの方のMNPは、不可能といって良いと思います。

DoCoMo2.0で毎月のように、新しいキャンペーンを繰り広げていたのも、この云わばロングテールの解約金を狙った、狡猾な導入だったと思われます。。。。

いや、キャリア側からすればその分携帯電話料金が安くなっているのだから、文句無い??????

皆さん、ご家族をお持ちの方が、キャリアに関わらず各種割引の申し込みは、2年に1回しか無いことを再確認お願いします(‘^^;;;
悲惨なのは、一番1年ズレちゃうことです。。。
せっかく長年使っているのに9,975円を取られちゃシャレにならないですから、、、

スポンサードリンク

アマゾン