SIGMA DP1の凄さ再認識なレポート記事

スポンサードリンク

海外のサイトで、SIGMA DP1とCanon EOS 450D(Kiss X2)とPanasonic FX500の比較記事がアップされています。

まず、野外での解像度テスト。

Outdoor resolution – Sigma DP1 vs Canon EOS 450D / XSi vs Panasonic FX500

・450Dは右下がソフトになっている
・500FXは左上に画像流れが見られる
・対するDP1は四隅においても、中心部と同様にシャープである。

次にスタジオでのチャートを使った解像度テスト。

Sigma DP1 resolution comparison

・DP1のレンズは実質4.69メガピクセルの解像度の限界を超えてしまっている
・DP1は解像度の限界時でもモアレを発生していない
・DP1は偽色が発生していない。色の解像度は凄まじい。

最後高感度ノイズのチェックです

Sigma DP1 vs Canon EOS 450D / XSi vs Panasonic FX500 real-life noise

・DP1はISO400から気になるノイズが出始めているが、他のコンパクトデジタルカメラよりもかなり優れている。
・やはりDP1はデジタル一眼レフのノイズ性能には劣っている。

ということで、低ISOに関しては、デジタル一眼レフカメラよりも優れたレンズ性能と、FOVEONセンサの特製を生かした高解像度が得られるカメラのようです。
デジタル一眼以上の画質が、このコンパクトなボディで得られるシグマDP1、使いこなしが難しいデジカメのようですが、ひとたびハマれば素晴らく面白いデジカメのようです。
一方、ちょと驚いたのがパナソニックのLumix FX500、、、低感度では1000万画素を生かしてデジタル一眼に匹敵する画質のようです。最近のコンパクトデジタルカメラは凄い!?(^^;;;


スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト