iPhone週間まとめ#1:日本に受け入れられるか編

スポンサードリンク

6月9日WWDCで3G iPhoneが発表されました。事前に日本でもSoftbankより発売させるとの正式発表があり、大きな話題に、、、
そして先週ネットでは毎日もうiPhoneな記事ばかりアップされ続けていました。

私もそんなニュースラッシュにまったく追従できませんでしたwのでGoogle Readerに☆マーク付けてたものでリンク作ってみました。

Apple Store(Japan)

まずは「iPhoneは日本で受け入れられるのか」編

・ネガティブ派のご意見

iPhoneの売りである使いやすさは、日本では受け入れられないかもしれない。日本の消費者が求めるのは機能性であり、単純さではないからだ。

・日本でiPhoneこれ1台で無理だと、、、

iPhoneはごく普通の人が使うには捨てるものが多すぎると思います。ある程度裕福な人なら、二台目、三台目としてiPhoneを使えるでしょうが、iPhoneのみで全てを済ませることができるほど日本モバイル環境は貧弱ではありません。

・iPhoneの騒ぎに便乗する、某社は日本ではiPhone難しいのではと一言。

「iPhoneだけがタッチスクリーンの端末ではない。あらゆるメーカーが存在し、世界の9割を押さえているスマートフォンベンダーらとiPhoneは競争しないとならない」と語る

・そんな売れない派に対して解ってないんじゃと、、、

iPhoneが日本で売れない、みたいな議論をしてる人を見かけますが、ほんとわかってねーなーと思います。iPhoneは今売れるかどうかで評価するようなものじゃない。そもそも電話というカテゴリーに入れて比較するのが間違ってる。iPhoneは寿命が一年もない見た目だけコロコロ変える商品サイクルのものと比べようがないでしょう、中身の格が違いすぎて。

・日本のケータイは幼稚過ぎるので、中高卒業された方は買わない方がおかしいと、、、

日本のケータイにありがちな幼稚な外観を無理して使わざるを得なかったオトナの苛立ちを解消してくれる。

・日本のモバイル業界はiPhone1つでそんなに変わらないよと、但し、開発者はこれから脚光浴びる筈だと

モバイル業界は変わりません。変わるのは開発者が受ける多大な恩恵と、デバイスプラットフォームの新しいスタンダードです。

・iPhoneが日本で売れるかどうか解らないけど、歴史的なきっかけになるのではと

遅くとも数年後にはこれがきっかけだったと気づくことになるのではないでしょうか。そのときの主役が将来のiPhoneなのか、それとも別のオープンなプラットフォームなのかはまだわかりません

・おサイフケータイに対応してないくらいへっちゃらさと

2ちゃんねるで「iPhoneっておサイフケータイ使えないじゃん」という問いかけに傑作回答が寄せられ、話題となっている。

アスキー総合研究所は6月9日、アスキー・メディアワークスが実施した「iPhoneの国内販売」に関するアンケートをまとめた結果を発表した。調査は6月2日と3日の両日、携帯電話/PHSおよびインターネットを利用している10代から60代までの男女を対象に実施したもので、サンプル数は311

・ギズモードさんもアンケート

果たして日本の携帯シーンへの黒船となるのでしょうか? 大ヒット商品になるのでしょうか?

・買うとすれば色は?のアンケート

本日のアンケートは「黒と白、iPhone 3Gを買うならどっち?」。以下に置いた、いつものアンケートにお答え下さいな

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト